::: oyazi_blog :::

WordPressを3.9にアップデートしたらビジュアルエディタが開かなくなった?

wp_01

Movable Typeでのおぞましいアップデート地獄を体験した身としては、WordPressの楽ちんさを一度経験してしまうとなんでもかんでもホイホイとアップデートしてしまいがち。

4月に入ってから3.8.2、3.8.3と立て続けに来たところにいきなり3.9の登場。マイナーアップデートは自動更新で後から「更新しときましたよ!」って教えてくれるのですが、メジャーアップデートは手動更新。今回も何も考えずにポチッとやっときました。

WordPressでのブログ更新はMacのSafariでやってます。エディタアプリも試したんですがどうもしっくり来ない。基本的にテキストエディタでやるのでビジュアルエディタは開くことはないんですが、とあるプラグイン(mb.miniAudioPlayer)を使用するのにビジュアルエディタが必要なので開こうとしたらウンともスンとも…。マウスを乗せるとフォーカスされるのですが、クリックしても反応しやがらん。これって不具合?

PS Disable Auto Formattingというプラグイン

おそらくWordPressのバージョンが上がったことでプラグインのどれかが悪さをしてるんだろう。そして投稿編集画面に関わるプラグインとなるとそれほど多くない。これだろ!って決め打ちして無効化したのがPS Disable Auto Formattingってやつ。

PS Disable Auto Formattingは、テキストモードからビジュアルモードに切り替えた際に自動整形とやらでタグが勝手に消されたり増えたりなんかするとても便利な機能を無効化してくれるプラグイン(たぶんそんな感じ)。まぁ僕のようなど素人にはとても便利な機能なのでしょうけど、ほっといてくれよって気がせんでもない。

ドンピシャでした。これを無効化することでビジュアルエディタが見事に開くようになりました。

アップデート来てました

まぁ普段はビジュアルエディタは使わないから、このままでも特に不便はないのかなって思ってたらPS Disable Auto Formattingのアップデート来てました!バージョン1.0.9 。さっそくアップデートして有効化してみると…、バッチシです、不具合解消。素晴らしきかな。

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top