::: oyazi_blog :::

弦とフレットを備えたワイヤレスMIDIギター『JAMSTIK』

jamstik_02

1月7日~10日までラスベガスで開催されたCES2014に登場した『JAMSTIK』。これがなにやら物欲をそそるおもしろそうな代物。

『JAMSTIK』はリアルな弦とフレットを備え、実際にピックで弾くというiOSデバイス対応ギター型MIDIコントローラー。iOSデバイスとはWi-Fiで接続し、GarageBandをはじめ数多のMIDIベースアプリをコントロール可能だとか。

百聞は一見にしかず、JAMSTIKとiPadでもって曲をを作っていく過程をご覧あれ。

えーっと何やってんのかよくわかりません。ドーナツ焼いてんのかと思いましたが、次々にアプリを切り替えて様々な音源をJAMSTIKでコントロールしてループさせて…って感じでしょうか。

こりゃええ感じですね。通常は画面タップだったり、キーボードを接続したり、あるいはちまちまとステップ入力しなきゃいけなかったのが、弾き慣れた(はずの)ギター風に入力できてしまうってのは、一応ギター弾きの端くれにとってはググンと敷居が低くなってありがたい!

こちらはさらにわかりやすい、こんなんできまっせ的な映像。

ビブラートもちゃんとベンド情報として認識するみたいですね。運指への追随もこれを見る限り悪くはない感じです。専用のアプリ(?)JamTutorなるものでお勉強もできる模様。

このJAMSTIK、ちょこっとググってみますれば、昨年KickStarterプロジェクトとして立ち上げられたもののよう。目標金額100,000ドルに対して178,224ドルを集め、晴れて一般発売に漕ぎ着けたって感じでしょうか。

いずれにしてもこれは是非とも試してみたいですね。価格は299ドル、発売は2014年3月予定なのだとか。ちとお高いかしら。ウェブサイトではプレオーダー受付中です。登録した国で購入できるようになるとメールでお知らせが来るらしいので、とりあえず登録しときました。

jamstick_basicimage JAMSTIK website

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top