::: oyazi_blog :::

PowerBook G4にメモリを奢ってやる。

このMacについて

Leopardをインストールしてからもっさり感がとんでもなく増大しました。そもそもTigerの頃から感じていたことなのですが、さらにもっさり。特にTimeMachineがバックアップを始めると、そりゃもうパフォーマンス下がりまくりで使いもんにならん。これはもうG4プロセッサーの限界?さぞかしIntel Macだと快適なんだろうなぁ。

だけどね、ビールぶっかっけちゃっても健気に動いてるPowerBookG4ちゃんにはそれなりの愛着があるわけです。まだまだ使いたい。
ちうことで、試しにメモリを増設してみることに。現在、512MB×2って構成なのですが、ここは思い切って1GB×2にしてみようみよう。ところがメモリ関係はまったく疎い。価格の相場もまったくわからない。はい、ググってググって。

なんやかんやでTranscendってメーカーにたどり着きました。直販もやってるみたい。1GB1枚で10,400円(税込み)はそこそこ安いほうなんじゃないだろうか。2枚で20,800円。うーん、決して安い買い物ではないけどなぁ、どうなんだろう。

悩みながらも即注文(なんじゃそりゃ)、本日到着でさっそく換装!Macのメモリ交換ってしたことあったかなぁ。ちょっとドキドキしながら起動。お、ちゃんと起動した。
これがですねぇ、もう、目から鱗、棚からぼた餅、藪から棒だったんです(間違ってる!)。

すっかりキビキビなPowerBookG4に変貌。
ウインドウもシュパッって開くし、Dockがカクカクッってなってたのが解消されたし、Dashboardの起動も速くなりました。ブラウザの表示も、もっさーってしてたのが無くなりましたよ。メモリ1GB→2GBでこれほどの効果があるとは。


こりゃよかったですな。

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top