::: oyazi_blog :::

Safari 3 for Windows

WWDC2007で行われた基調講演。メインはやはり次期MacOS X “Leopard” の10の新機能でした。そちらについてはこのあたりを見ていただくとしまして。
おなじみの”One more thing…”で今回発表されたのはSafari 3でした。
しかもWindows版も!
来ましたねー、ついに。パブリックベータってことなのでまだまだ未完成なのでしょうけど。
さっそくうちのVAIOにインストールしてみました。


起動はなかなか早いですね。メニュー以外はMacで見慣れたSafariです(当たり前)。
デフォルトでホームページにセットされてるのはAppleのスタートページでした。
英語のページは大丈夫。

ちゃんと表示されてます(これまた当たり前)。
ところがところが、このブログを表示してみると…。
日本語は一切表示されません!

なんじゃこりゃ〜!数字しか見えません…。
日本語には対応してないんですね。某ブログでは日本語が文字化けすると書かれていましたが、文字化けどころか一切表示されません…。ざんねん。
「アピアランス」で日本語フォントを指定しても…。

「アピアランス」で日本語フォントを指定してもフォント名が表示されませんでした。
対処方法を紹介しているページもありますがめんどくさそうなのでやめときます。
Safari for Windows betaで日本語表示する方法 – 最速インターフェース研究会
他にも気になる点がいくつか。
二枚目の画像の右上を見ていただくとわかると思いますが、表示がやや左にずれて、左側のシャドウが消えてます。もっともこれがSafariのせいなのか、ソースの記述のせいなのかはわかりませんけど。
それから、ブックマークを表示しようとしたり、履歴の”Show All History”を選択すると100%落ちてしまいます。これはまだまだ使えんなぁ。今後に期待。
早くもセキュリティホールが発見された模様。
「Windows版Safari 3.0はセキュアでない」:研究家らが早くも指摘 – CNET Japan
バグハンターも注目、Windows版Safariの脆弱性報告相次ぐ – ITmedia

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top