::: oyazi_blog :::

それはそれ、これはこれ。

長崎市長選で故伊藤一長さんの娘婿が落選したってニュースをテレビで見ました。
落選のお詫びを語る横尾さんの後ろで長女の優子さんはユラユラと揺れていまにも倒れそうな様子。やめときゃいいのにコメントを。

率直に言わせてもらえば、長崎市民の方々、父伊藤一長は、その程度の存在だったんですか! 残念です。父が浮かばれない。愛する長崎にこんな仕打ちをされて…

いやいやあなた、公の場でそんなこと率直に言っちゃあいけない。仕打ちってなんだ。
確かに現職市長が選挙戦中に銃弾によって殺害されるってのは衝撃的だったし決して許されないこと。ご家族の方の心中いかばかりか僕らには計り知れないことです。だけど、それと選挙は別でしょう。落選したのは横尾さんであって伊藤一長さんではないってこと。それだけ。
葬儀には大勢の市民が参列してましたよね。今回の選挙でも「伊藤一長」と書いた投票がかなりの数あったとか。それはそれでどうかとは思うけど、前市長に哀悼の意を表してくれた人たちを愚弄する発言です。長崎市はあなた方家族の私物ではないですよ。勘違いすな。
長崎市民は至極まっとうな判断をしたということです。

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top