::: oyazi_blog :::

妄想。

若旦那の独り言 Ver.Xで「Mac OS X for PCが出ると思ういくつかの理由」というエントリを読みました。
浅はかながらちょびっと触発されまして。
いっそのこと、MacOSのライセンス供与を再開させるというのはどうでしょう。


「MacOSX for PC」が果たして売れるのかという疑問が。
同系のVistaへの移行を渋る人たちが、まったく別もんのOSを果たして選択するでしょうか。
Winユーザーの大方を占めるのはメーカー製PCユーザーです。そこにMacOSをインストールするとなると当然メーカー独自の機能やメーカー製アプリが使えなくなるわけで、「それでもMacOSX入れてみよー!」って勇者がどれほどいるだろうかと。それ以前にOSそのものに関心のないユーザーがほとんどなのではないでしょうか。
で、ライセンス供与です。
前回のライセンス供与はPowerPCベースのMacOS。日本の大手企業ではパイオニアが頑張ってましたが、結局は既存のMacユーザー内での限られた枠の中で食い合いをするという悲しい結末でした。「Macの売り上げが落ちとるやないかいっ!」ってことだったんでしょうね。
今回はIntelベースのMacOSてことで、Appleの営業しだいでは前回以上の参入企業が見込めそう。iPod人気でAppleの名前も知れ渡ったことでしょうし。
前回供与の折、SONYがMacOSのライセンスを受けたって噂が流れました。おぉ〜SONYかぁって期待したもんでした。その後ジョブスがAppleに復帰、ライセンス供与は中止されました。確かまだVAIOシリーズが発売される前だったと記憶しています。ひょっとしたらVAIOにはMacOSが乗ってったんじゃあって未だに妄想しています。
例えば、Win搭載VAIOとMac搭載VAIOをSONYが発売したとしたらどうでしょう。
大手の家電販売店に行くとMacコーナーなんてのがありますよね。各社のPCがズラリと並ぶPCコーナーとは別の場所にあるMacコーナー。ヨドバシカメラとか行くと、かなりのスペースとってますけど別物なんですよたぶん、一般の人からしてみれば。興味のある人しか寄りつかん。白系で統一されててなんか敷居も高そうだし。
そうではなくて同じ場所に同じVAIOでWin搭載機とMac搭載機が並ぶわけです。でそこに「そろそろパソコンでも買ってみるかぁ」って人がやってくるわけ。わけわからんながらも実際に触ってみれば…。
見た目というのは非常に重要で、相変わらず緑と青がベースなWindowsVistaに比べてシンプルな色使いのMacOSXを選ぶ人は多いのではないでしょうか。少なからずMacOSのシェアは伸びると思うんだけど。
例えばtyoeTみたいなモバイルPCでMacOSXが走るんですよー、絶対買っちゃうなぁ。
ありえない話でしょうけど、eiさんがおっしゃるようにAppleがMacに以前ほど拘らないというのであれば、こんなんもアリかなぁーって。
歳くってなんだか夢見がち。妄想です、ごめんなさい。

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top