::: oyazi_blog :::

ケチな考え?

タミフル寄付金、横浜市立大教授が研究への影響を否定

インフルエンザ治療薬「タミフル」と異常行動死の因果関係を調べている厚生労働省研究班主任研究者の横田俊平・横浜市立大教授の講座が、タミフルの輸入販売元「中外製薬」(東京都中央区)から寄付金を受けていた問題で、横田教授は13日、厚労省内で記者会見し、「寄付金をもらっているから手心を加えるようなケチな考えはもっていない」と、研究への影響を否定した。
– YOMIURI ONLINEより引用 –

「ケチな考えはもっていない」うーん、かっこいいね。
ケチな考えっちゅうか、普通は手心加えるんじゃないの。1000万ですよ、寄付金。加えるだろー、普通の人なら。僕だったら加えちゃうな。もうバリバリですって。真っ黒けのもんでも白ですって言い切っちゃいますよ。1000万ですもん、そりゃあもう。
あんたは鉄の心の持ち主か。素晴らしい。
調査対象である「タミフル」の輸入販売元から、すんなりと寄付金をいただいていること自体がとってもケチな考えだと思うのですがどうでしょう。
誰かひとりくらい「これはまずいんじゃない?」って思うやつはおらんかったんかい。ちょっと想像力働かせれば、これは後々問題になるかもなぁくらいのことはわかりそうなもんでしょうに。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top