::: oyazi_blog :::

拓郎のカラオケ

ケーブルテレビを導入してからインターネットTVガイドで当日の番組をチェックするのが日課になりました。いくつになってもテレビっこ。事前にチェックはしないのね、めんどくさいから。あくまで当日。
で、カラオケ専門チャンネルなんてのがあるわけです。普段はそんなもん気にもしてないんだけど、たまたま「吉田拓郎」ってのが目に入った。拓郎のカラオケ特集。おー!
スターカラオケってチャンネルで、DAMなんですね。アーティスト特集。
選曲はこんなん。
「春だったね」
「伽草紙」
「おきざりにした悲しみは」
「流星」
「ビートルズが教えてくれた」
「俺を許してくれ」
「心の破片」
あー、いいね。「ビートルズが教えてくれた」は中学の文化祭で歌ったなぁ。
普段カラオケ行くときって間違いなく酔っぱらってるから、映像なんて気にもしてないんだけど、テレビでまじまじと見るとなんだかなぁ…。歌とはまったく関係ない映像なんだけど、一応ドラマみたいになってんだね。ほんまに歌とは関係ないドラマ。「伽草紙」は赤いオープンカーでお姉ちゃんと走っとるし、「おきざりにした悲しみは」なんて、なんか修羅場ですよ。肩を壊した元野球選手みたいな設定なんですが。ぜんぜん関係ないやん。
ほんで音声多重なんですね。ガイドメロディ入りのは誰か知らん奴が歌っとる!誰か知らんお前の歌なんぞ聞きたないわい、ばかやろう。
歳のせいなのか、はたまたタバコと酒のせいか、最近ファルセットがちゃんと出なくなりました。「伽草紙」の♪静かだね〜ウーウウー♪だとか、「となりの町のお嬢さん」の♪ゆれーてるよー♪がちゃんと出ない。かすれる。
ひどくさびしい…。

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 三十路超えた、コーラス隊、ハモリ隊は
    いらんか?

  2. いやいやKeiさん、カラオケの話ですって。
    カラオケでがっつりハモると何故か引かれます。:pp_03.gif:

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top