::: oyazi_blog :::

King George VI & Queen Elizabeth Diamond Stakes

「キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス」、長いタイトル。日本で言えば「天皇賞」みたいなかんじでしょうか。イギリスはアスコット競馬場で行われるこのGIレースに、日本からハーツクライが参戦しました。
サンデーサイレンス産駒。素質の高さは見せるもののいまいち勝ちきれん日々が続きましたが、4歳暮れの有馬記念で無敗の三冠馬ディープインパクトに半馬身差で勝利。その翌年はドバイシーマクラシックに見事勝利、その勢いをかって今回の挑戦とあいなりました(たぶん)。
関西テレビの「サタうま!」で中継があるってんで楽しみにしてたんですけど、ハーツクライで検索してたら結果が出てきちゃった…。生中継じゃなかったのねんのねん。
昨年の凱旋門賞馬ハリケーンランが優勝。ハーツクライは3着でした。直線でいったんは先頭に出たんだけど、やや失速ぎみみたいな感じ。一瞬勝ったかと思ったけどな。
鞍上ルメール騎手のコメント。
「力負けはしてへんし、ええとこ見せれたとは思うでぇ。ちゃうねん、なんやかんや言うても前走から4ヶ月空いたんが効いたんちゃうか。息切れっちゅうやつやな、ほな。」と大阪弁で語っておられました(うそ)。
うーん残念。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top