::: oyazi_blog :::

CHAR SINGLES 1976-2005

Singles 1976-2005
CHAR SINGLES 1976-2005
UNIVERSAL J (2006/7/19)
Amazon.co.jp で詳細を見る


Amazonで購入いたしました。デビュー30周年を記念して、1976年から2005年までのソロ名義全シングルを収録した初のコンプリート・シングル・コレクション(と書いてある)。
[A-SIDE DISC]、[B-SIDE DISC]、[LIVE&INSTRUMENTAL DISC]の3枚組になっておりまして、うれしはずかしアイドル時代のシングル曲も収録されてます!「逆光線」や「闘牛士」は今でもカラオケ行ったら歌ってしまいますな。えぇ、歌いますとも。
正直なんだこれは…ってな、聴いたことない曲も収録されてます。「ブルークリスマス」に「マドンナを堕落させよう」…。初めて聴いたっす。まぁこれはこれでよろしいんじゃないですか。
確かこのアイドル時代、森永「小枝」のCMに出てましたよね。♪俺のギターについてくるかい〜♪なんて。ふん、なんですのんこれは。食べてみよーっとー。それは桂小枝。
N.S.Pのサポートギタリストだった頃、めちゃめちゃかっこええギター弾く「竹中”Char”尚人」って認識はあったんです。”Char”ってなんやねん、”茶”なら知ってるぞと。カトちゃんぺ。で、1976年発売の1stアルバム「Char」を聴いてぶっとんだ。「SMOKY」のイントロ、ギターソロ、うひゃーかっこええーって思った。それからしばらくして♪俺のギターについてくるかい〜♪って風になびいてた。正直どこへ行こうとしてるんだこの人は、って思った。
ロック御三家とか言われてましたっけ、Charに原田真二にBOWWOW。ロックサイドから歌謡界へって、ちょうどそういう時代だったんでしょうかね。確かにムスタングを弾き歌う姿はかっこよかったけどな。
この頃のライヴに行ったことあります。大阪城ホールだったかな。だけど女の子ばっかりでいたたまれんかった。あー今この人はこういうポジションなんだなって。ステージに押し寄せる女の子たちを制しようとする警備員に対して、Charが「危ないじゃないか!」って怒ってたんだけ憶えてます。
なんやかんやで紆余曲折、情けない事件もあったりして、1979年 “Johnny,Louis & Char” 日比谷野音でのライヴ「FREE SPIRIT」発売となるわけですね。これでまたまたぶっとんだ。しびれた。これや、これやねんと。このCharが聴きたかったんやー!
とかなんとかいいつつも、アイドル時代の映像見ると「かっこえー!」って思ったり。
ギターソロがぐだぐだなのはご愛敬。
↓↓↓



郷ひろみにピンクレディ、山口百恵に桜田淳子と。錚々たる顔ぶれです。時代やなぁ。

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top