::: oyazi_blog :::

下妻物語

テレビでやってましたけど見ました?
なんも見るもんなくてたまたま見てたんだけど、なんかおもしろかったなぁ。
オープニング、いきなりバイクで走る深田恭子が自動車と激突して宙を舞いながら「さよならー」なんていって「下妻物語 終了」。へ?って思ってから最後までずーっと見てしまいました。タイトルくらいは聞いたような気がするけどまったく興味なかった。ちょこっとググってみるとカンヌJr.フェスティバルとかいうやつでグランプリ取ったんだそうな。邦画初。へー。
脚本・監督が数々のヒットCMを手がけてきた人だけあって、映像の切り口がユニークでとっても色鮮やか。ほんでエンディングに「タイムマシンにお願い」ときたもんだ。DVD買っちゃうかなぁ。
そうそう、まちゃまちゃ(摩邪)が今と同じような頭で出てましたよ。
それにつけても深キョンはかわいいですな。つかみどころのない雰囲気とプニュプニュした二の腕が好きだなぁ。(ええ歳こいてなにをいう)
深田恭子演じる竜ヶ崎桃子の生まれ故郷がなんと兵庫県尼崎市のすぐ近く。(ここがミソ)
なんでも住民のほとんどがヤンキーもしくは元ヤンキーなのだそう。商店街は活気はあるけどバッタもんばっかしで、みなさん値段が安いことしか興味がない。生まれたとたんにジャージを着せられ、ジャージを着たまま死んでゆくと。
……なめとんのかこら!尼をおちょくっとんのか、あ〜?しばきあげたろかワレっ!…あ。
尼崎住民に配慮して「すぐ近く」になってんですかね。小説ではまんま「尼崎市」になってるんだそうな。そんなおかしな町じゃないですよ。そりゃまぁ早朝の中央商店街歩いてると危ないおっさんいっぱいいてるけど。あとセンタープールあたりとか。
下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉

コメント & トラックバック

  • コメント ( 6 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 尼崎のお友達が、尼崎出身と言っただけで「へ〜、『尼』出身なんや〜」とか「尼人」と言われると申しておりました。
    で、彼女はいつも私に「尼っ子と言いなさい、尼っ子と!」と教えてくれます。

  2. 見てません。
    チャングムの誓いのチャングムもつかみどころのない雰囲気とプニュプニュした二の腕がなかなかええですよ〜。
    それにしても重い〜。

  3. >Kei
    ほんまですか、それはどういう意味なんやろう。
    なんか変な先入観というか刷り込みがあるんやろうな、きっと。
    だいぶ前に島田紳助と山城新伍のテレビ番組に千堂あきほがゲストで出てたんですね。
    彼女は尼崎の出身なんだけど、山城新伍が「尼にお嬢さんなんていてへん」とぬかしよりました。
    ブラウン管をぶち割って大ケガしたのは遠い昔。うそ。
    もっとも僕がクソガキの頃、教科書には「公害の町 尼崎」なんて紹介されておりました。
    子供ごころになんちゅうとこ住んどんじゃいわしは、と思ってました。

  4. >Don’s
    チャングムまだ見てないっす。
    そもそもチャングムって女性なんですか?
    深キョンの二の腕のプニュプニュ度合いに勝てるのかぁ?
    重たいですか?なんでやろう、申し訳ございません。

  5. 30年以上前、甲子園に阪神の野球を見に行きました。
    阪神電車で尼崎駅に停車したとき、臭いがきつかったので、
    「公害の町」という印象を持ってしまいました。
    阪神の尼崎駅は工業地帯が近いのかな。
    私が住んでた堺も’公害の町’で、
    光化学スモッグでも騒がれたし(隣の中学校で被害者がでた)、
    おじいちゃんは公害病の認定を受けていました。
    (堺の北の方の町工場がいっぱいあったところにおじいちゃんは住んでいました。
    私の小さい頃はそこにいたし)
    でも会社で出会った尼崎の子はとっても親しみやすくて、
    私の知っている堺とよく似た下町なんだな、という親しみを持ちましたよ。
    まあ、公害は「時代」だったんだろうと思います。
    ダラダラとゴメンですm(_ _)m

  6. A. YAさんこんばんはー。
    臭いがきつかったって…。まじっすか。うーむ、昔はそうだったのかもなぁ。
    JR塚口駅に停車すると甘〜いおいしそうな匂いがしますよ。
    そばに森永の工場があるんですね。
    通りすがりだといい匂いだけど、毎日これだとたいへんだなぁとは思います。
    ぜんぜん関係ない話ですね。
    生まれてこのかたずっと尼、いい町だと思いますよ。
    住めば都なんかな?

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top