::: oyazi_blog :::

やりきれんね…

滋賀県長浜市で幼稚園児2人が別の園児の母親に刺殺された事件。
なぜかしら子供たちのその瞬間の驚きとか恐怖、さぞかし怖かったろうに痛かったろうに…、そんなことばかりに想いが行ってしまいます。胸がしめつけられるような。分かるはずもないのですが。
犯人は中国から日本へ嫁いできた人。子育てや付き合いで悩んでいたようだったとか。たしかに見知らぬ国へ嫁いできてのプレッシャーは相当なもんでしょう、言葉も習慣も違うでしょうし。実際のところ、同じ日本人の母親同士のつきあいとは違う空気があったのかもしれない。子供に対してなにかしら差別的なものもあったのかもしれない。
だからといってなんで子供に刃を向ける?
まったく卑劣極まりない。子供たちになんの罪があるのでしょうか。少なくともお母さんたちは自分の子供を彼女に託したんでしょう。ましてや自分の子供も一緒に乗ってる車で。この子の将来も心配。
こういう事件、間違いなく「精神鑑定」なんてのが行われて「正常な判断ができなかった」なんて弁護士が言い出すんでしょう。それで無罪になんてなった日にゃあ…。やりきれんですね。
もしそんなことになったら(ならなくてもかな)、子供たちの親御さんたちはこの女をぶち殺したいでしょう、間違いなく。僕だったらそうする。それほど理不尽。
どれほどの理由があろうと、無力な子供たちに刃を向けちゃあアカンです。
ここのところ、こんな「なんでやねん!」って事件が多いです。
こういうサイコや変質な輩が日常のどこにでもいるような現状、今回のような一人に子供をまかすっていう「性善説」に基づいた「古き良き日本」的なやりかたはもう限界なのでは。
常態的な相互監視もいたしかたなし、な気がします。

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 行為としてはゲスなのは言うまでもないんですけど、中国名が日本名より前にくる実名報道には違和感というか、なんだかなあ感が。
    “また中華の国の人か”的アジテーションがアリアリ。
    まあ身勝手かつ短絡思考も甚だしい事件で、胸くそ悪いったらありゃしないワケですが、亡くなった子供達もカワイソウだけど、それよりも自分の母親が目の前で他人の命を奪うのを目の当たりにしたのがムゴすぎる。
    息子と同じ歳なんだよなあとか思うとホントやるせない。

  2. ホンマにそうですよ、この子が今後どんな風に育っていくのか心配。
    報道を信用すれば父親もあんまりな方のようだし。
    マスコミはこの事件に絡めて、外国人(特にアジア人)に対する閉鎖的な日本人みたいな切り口で行っちゃいそうな予感がします。確かにそれはあるだろうし議論すべきかとは思うけど、この件とは切り離してやっていただきたいと思います。犯罪は犯罪、子供を殺してそれもいたしかたなし、なんてことはありえない。

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top