::: oyazi_blog :::

RAINBOW Live in Munich 1977

ついにと言うべきか、今さらと言うべきか…。
1977年10月20日にミュンヘンはオリンピアホールで行われた幻のライヴが正式発売されます。ま、幻ってもブートでたくさん出回ってはいるんですけど。
大きな声では言えないんですけど、僕も一枚持ってます。だけどあんまし画質良くないんですよね、モノラルだし。Amazonのカスタマーレビューによると音声もリマスターされてるとのことなので期待ですね。しかし発売前なのになんでこんなの知ってるんでしょうか、この人たちは。
やはりこの時期のRAINBOWがイチバン素晴らしい。ロニー・ジェイムス・ディオだな、やっぱし。
Drum solo Guitar clash!
ヌキどころは、もとい見どころは今は亡きコージー・パウエル大先生のチャイコフスキーに乗せたドラムソロ。圧巻です。それからなんといっても、アンコールでのリッチー御大のギタークラッシュでしょー。
ギターは大切に。
発売は12月21日、いきなり20%OFFなAmazonで予約しちゃいました。
RAINBOW好きブラックモア好きなおっさん達は買うしかないでしょう。
Ritchie Blackmore’s RAINBOW
Live in Munich 1977

B000BV7SOE
Disk 1
1. Kill The King
2. Mistreated
3. Sixteenth Century Greensleeves
4. Catch The Rainbow
5. Long Live Rock ‘N’ Roll
6. Man On The Silver Mountain
7. Still I’M Sad
8. Do You Close Your Eyes
Disk 2
1. ライヴ・プロモクリップ、インタビュー他

Amazonで詳しく見る by G-Tools

関連サイト :
CDjournal.com
HMV.co.jp

コメント & トラックバック

  • コメント ( 8 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. >RAINBOW好きブラックモア好きなおっさん達は買うしかないでしょう。
    ぷい〜んとリッチー臭が・・・うーん出るんですか。
    来月、拓郎と古井戸と唄の市、来春、拓郎DVD買わなあかんしなぁ・・ブツブツ
    ギタークラッシュといえば74年カリフォルニア・ジャムのがすごいですね。
    ギターで放送用カメラ叩きまくるわ、アンプも客席へ放り込むわ、火、つけるわで。
    クラッシュ前にグレコのギターと取り替えるっちゅう噂、本当かどうか聞いておいてくださいね。

  2. 「たくろうオンステージ」と発売日がいっしょです。
    あわせて予約してしまいました。
    カリフォルニア・ジャムってぇと、
    デヴィッド・カヴァーディルの顔に虫がたかるやつですね!
    グレコのギターとはまた懐かしい。
    フェンダージャパンって噂も聞いたことあります。

  3. そうですね、デビ・カヴァの時のですね。
    虫、飛びまくりの。
    RAINBOW武道館ライブも持ってるんですが、あきません。
    ヴォーカルの人、誰だっけジョー・リン・ターナー!?でしたっけ、もうわからん。
    腰から手ぬぐいぶらさげてるし・・・そんなロッカーおらんし、プリプリ。
    イン・ロック時のBBCスタジオ・ライブは客席近すぎですし・・・
    ギター踏みつけるだけやし・・・プリプリ
    今は僕はBLACKMORE’S NIGHTでくつろいでおります。(^^)

  4. 腰から手ぬぐいって…。
    そりゃあ「我が良き友よ」じゃないですかー。
    下駄を鳴らしてやってきましたか?

  5. 下駄とは違うんですが、白のズックでやって来ました。(スニーカーとは呼べん代物で)
    でね、歌いながらその手ぬぐい振り回したりしてますわ。
    もう農家のおっちゃん、ちゅうノリでして・・・

  6. あうー、そうなんですか。二枚目風やのに。
    あんまり知らないんですよ、
    ジョー・リン・ターナーやロック界のやっさん時代は。

  7. はじめまして。僕もさっそく予約しました。ドラムソロやギタークラッシュは、やっぱ映像でないとね。RAINBOWは、全時代好きですが(だからと言って、BURRN!のKAZU編集長の言うように「RAINBOWに駄作なし」とは思いませんが)、やっぱロニー時代が最高・最強ですね。

  8. コメントありがとうございます。
    もうじき発売ですね、楽しみ楽しみ。

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top