::: oyazi_blog :::

ハリケーン対応めぐり生放送で大統領を批判

米ラップ歌手、ハリケーン対応めぐり生放送で大統領を批判 – Yahoo!ニュース

[ワシントン 3日 ロイター] グラミー賞受賞の米人気ラップ歌手カニエ・ウェストさんが、NBCテレビに生出演中、ブッシュ大統領を人種差別主義者だと非難して視聴者を驚かせた。
 黒人のウェストさんは、ハリケーン「カトリーナ」の被災者救援の募金を呼びかけるチャリティショーで、「ジョージ・ブッシュは、黒人のことなんか気にしていない」と発言。カメラは慌てて他の出演者に画面を切り替えた。

keizouグラミー賞受賞のラップ歌手蟹江敬三さん…、もといカニエ・ウェストさん。ぜんぜん知らないんですけど、生放送でえらいこと言っちゃった。
何を今どき妄想のようなことを…って思ってたけど、テレビを見てるとニューオーリンズがなんだか大変なことになってるようです。被災者の多くが貧困層の黒人の方たちだそうで、ブッシュ政権の対応の遅れの背景には人種差別があるんだって趣旨のようです。
あちらこちらで暴動や略奪、さらにはレイプまでが多発して無法地帯となっています。街には武装した兵士が警備に立って、まるで戦時下の様相。射殺もやむなしなんだとか。なんてこったい。
普通のおばあちゃんがスーパーの商品をカートにごっそり積み込んで、堂々と運び出す映像が流れてました。救援物資も届かず、生きるためにはやむなしなのでしょうが…。ほんとはちゃんと管理する人がいて、一部の人だけではなく均等に有効に配給するべきなんでしょうが、そんなシステムを作る余裕も人もいないのでしょう。
思えば日本では阪神淡路大震災、この時も対応の遅れが指摘されたと記憶してますが、暴動や略奪がおこるわけでもなく、ご近所同士助け合って危機を切り抜けました。日本人ってすごい、って今さらで的外れな感慨を持った次第です。
4日からようやく遺体回収がはじまったようです。犠牲者数の把握には数ヶ月かかる見込みだとか。
世界一豊かな国であるはずのアメリカ、おもわぬ天災で深刻な問題点が露呈しちゃった格好となりました。

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top