::: oyazi_blog :::

あまのしげる / 天野滋

CDになってたんですね、訃報を聞いたその日にAmazonで購入しました。
76年に発売された天野滋初ソロアルバム。
当時LPレコードで発売されたものに加えて、82年の初ソロコンサートの音源がボーナストラックとして4曲収録されています。思い起こしてみるに、このアルバム以降NSPは聴かなくなりました。エレキギターに惹かれて洋楽へ流れた頃です。
NSP解散後のライブを聴くのはこれが初めてというわけで、ファンと云うにはおこがましいのかもしれません。


なんといいますか、けっして歌がうまいわけでなく、声量もなく、どっちかていうとか細い歌声。
自分のことは「僕」で彼女のことは「君」。「青春」とか「恋」とか、こっぱずかしいフレーズがどんどん出てきます。
小さい頃の嫌なことを思い出してへこんでしまったり、去年はふたりコタツでみかん食べてたじゃないかーなんて彼女に言ってしまったり…。
情けない歌も多いんですが、当時はそうだよなぁって思って聴いてました。今も、かもしれません。
僕の「青春」の一部分が欠けてしまいました。寂しいですね。
追想の詩

Tsuisou No Uta

B0001HDJNW あまのしげる
天野滋

曲名リスト
1. かくれんぼ鬼は誰
2. 電信柱 帰り道
3. 淋しがり屋かごろつきか
4. もう一度 逢えたら
5. 恋は終わりのない追いかけっこ
6. 歌は世につれ
7. 野良猫夜話
8. 黄昏に語りて
9. 追想の詩
10. コンサートが始まる (ボーナストラック)
11. チグハグな夜 (ボーナストラック)
12. 優しさがわかりかけて (ボーナストラック)
13. スターダストテレフォンライン (ボーナストラック)

Amazonで詳しく見る by G-Tools

NSPのサイトに、中村くんと平賀くん(なぜかNSPファンは3人をくんで呼ぶ)のメッセージが掲載されています。
おっさんになっても仲良しだったんですね。いいな。
NSP official web site

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top