::: oyazi_blog :::

シーザリオ圧勝!快挙達成/米オークス

日本からアメリカンオークスに参戦したシーザリオが圧勝したというニュース。
シーザリオ圧勝!快挙達成/米オークス – nikkansports.com

大外13番枠から出走したシーザリオは好スタートを切り、道中は3番手。抜群の手応えで3コーナー前で先頭に立つと、独走態勢。直線では後続を引き離し、4馬身差で圧勝した。勝ちタイムはレースレコードの1分59秒03。この勝利は日本調教馬として初の米国G1制覇という快挙となった。2着にメリョールアインダ、3着にシンハリーズが入った。

おぉ〜、これは快挙ですねぇ〜!すごいですね〜(所ジョージ風で。ふるいっ)!
シーザリオは今年5月の優駿牝馬(GI)を上がり33秒3の強烈な末脚で勝利したばかり。
なんと日米オークスを制覇しちゃったんですね。
優駿牝馬
シーザリオ(牝3)福永祐一騎手騎乗 – 05年優駿牝馬
いわゆるマル外馬での勝ちではなく、内国産の父を持つ日本国内での生産馬でってところがまさに快挙。
父はスペシャルウィーク、言わずとしれたサンデーサイレンスを父に持つGI4勝のダービー馬。
最後のレース有馬記念(GI)では着差4センチでグラスワンダーに敗れましたが、勝ちを確信した鞍上武豊がウイニングランをしてしまう、なんてことがありました。
昨年の同レースに挑戦して2着だったダンスインザムードの父はサンデーサイレンス。
あらためてサンデーサイレンスの血の影響力はすごいですね〜(くどい)と思った次第。

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top