::: oyazi_blog :::

NHK「プロジェクトX」で過剰演出

プロジェクトX「事実と違う」大阪の高校が申し入れ – asahi.com
NHK「プロジェクトX」で過剰演出 – nikkansports.com
いわゆるヤラセではないんでしょうけど、番組を盛り上げるためにちょっと大げさにしちゃったって感じのようですね。

番組は「30年前、淀川工業は荒れていた。けんかに暴走、退学者は毎年、80人になった。そこに、1人の新米教師が飛び込んだ」と表現し、暴走族の走行シーンも放映した。初めて挑んだ合唱コンクールの情景を「会場にパトカーがやってきた。警官が生徒たちをにらんだ」と描き、主催者が「淀川工業だろ。舞台で暴れられては困る」と言ったとした。

なんだか「スクールウォーズ」のオープニングみたいですね、かっこいい。田口トモロヲのナレーションが聞こえてきそうです。イソップ〜!

同校の長谷川耕三校長(58)はこの日、同校で記者会見し「卒業生らに迷惑をかけ、心苦しく申し訳ない気持ちでいっぱい」と話し、放送内容には事実誤認があるとして、謝罪や再放送の取りやめなどをNHKに申し入れていることを明らかにした。79年当時の退学者は71人だったという。

1年間で退学者71人ってものすごい数ですよねー。ここまで来ると、71人も80人もたいして変わらんような気がしますが…。テレビ的には学校の状況が悪ければ悪いほど、感動的な話を作りやすいというのはあるんでしょう。とはいえ、当時の卒業生からすればあんまりええ感じはしないよなぁ。
プロジェクトX〜挑戦者たち〜

コメント & トラックバック

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 今回は早いやん♪>NHK

    NHKが10日に放送した「プロジェクトX」で取り上げた大阪府立淀川工業高校から、「内容が事実と違う」と抗議を受けていた問題で、NHKは25日、「事実確認が不十分だった」として、表現に行き過ぎや誤りがあったことを認め、同校に謝…

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top