::: oyazi_blog :::

タガタメ

今さらといえば今さらなんですが、ミスチルのこの歌。
昨年あたりからカップヌードルのCMで流れていて、気になってました。
ミスチルの歌はもちろん何曲かは知ってますが、特にファンというわけではないんです。
ただ低年齢層が標的のイヤな事件がいろいろあったじゃないですか。そんな時に聞いたもんで、なんか胸にグッときました。
2003年にラジオオンエアで発表、2004年に初めてCD化ということらしいです。ちょっと普通とは違った流れですね。この歌に対する思い入れが強かったんでしょうか。
先日、日清カップヌードルのサイトにCM動画があるのを発見。久々に聞いて、やっぱりいいなーって思いました。とはいうものの、実は聞いたことあるのはCMで流れてる部分だけなんですが。CD買いに行こうかな。

カップヌードルCM

CMで流れていた歌詞。
 子供らを被害者に 加害者にもせずに
 この街で暮らすため まず何をすべきだろう?
 でももしも被害者に 加害者になったとき
 出来ることと言えば
 涙を流し 瞼を腫らし 祈るほかにないのか?
 ただただ抱き合って・・・

この人の歌、こうやって文字にするとなんだか洋楽の訳詞のようですね。
子を持つ親の無力感みたいなのがよく表現されていると思います。
好き嫌いは人それぞれでしょうけど、久しぶりにいいなぁって思える歌に出会ったような気がします。
全部聞いたわけじゃないけど。

シフクノオト
Mr.Children 桜井和寿 小林武史
トイズファクトリー 2004-04-07

by G-Tools

日清CUPNOODLE
MR.CHILDREN_OFFICIAL_SITE_VERSION_1.0

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top