::: oyazi_blog :::

iBookロジックボードリペアエクステンションプログラム

昨年の暮れにうちの iBook に不具合が発生しました。いつもどおり起動したところ、画面上部に変なラインが現れたかと思ったらその後画面はまっ黒に。後はもう、何をしようがまっ黒画面のまんま。起動時の「ジャーン!」って音もしなくなり…。途方に暮れました。ターゲットディスクモードで PowerBook からアクセスすると、ちゃんと中身は見えてるのでHDDは生きてる模様。
そんなこんなで表題の『iBookロジックボードリペアエクステンションプログラム』って長ったらしい名前の修理プログラムを発見しました。要するにある特定の期間に製造された iBook に上記のような症状が発生する可能性があるってことなんですね。シリアル番号も該当するし、まさにこれじゃん!と。
で、そのままほったらかしで何とはなく時は過ぎ去り…。ある日『やわらかミサイル』のエントリーを読んで思い出した。おぉー、忘れてた!しかも受付期間が3月18日まで!これはイカン、早く電話せんと!
実際には、

このプログラムは、対象となるiBook本体の販売店からの出荷日(新品時)から3年以内、または2005年3月18日までのどちらか長い期間内のお申し込みが必要です。

てことなので、まだまだ大丈夫だったんですけどね。
そんなわけで、アップルコールセンターに電話しました(前置きが長い?)。
症状をあれこれ説明したところ、必ずしも今回のプログラムに該当するとは限らないので、次のことを試してみてくれとのこと。了解。
■Install Disc 1を挿入、Cキーを押したまま起動ボタン。
 「何も写りません」「そうですか」
■control + shift + option + 起動ボタン同時押し。
 「何か音はしましたか?」私「しません」「普通しないんです」「そうですか」
■トラックパッド下のボタンを押したまま、起動ボタン。
 「お、りんごマークが写りました!」「そうですか」
 「でも右端になんや線がいっぱい出てて乱れてます」「そうですか」
=わたし =アップル】
こんなやりとりの後(ほんとはもっと長い)、めでたく回収修理と相成りました。
以前にアップルのサポートは悪いって評判聞いてたんですが、なかなか丁寧かつテキパキとで好印象。
…でね、電話切った後、試しに電源入れてみたんですよ。起動するんですこれが。普通に。
今日回収に来るのに…、どうしよう…。
iBookロジックボードリペアエクステンションプログラム
追記 :
というわけで、愛しの iBook は福山通運の太田さんに連れられて旅立って行きました。
不具合、ちゃんと再現されるかなぁ…。無事に帰っておいで〜。

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top