::: oyazi_blog :::

「鉄」+「勇気」。鉄人28号

このところ、昔のアニメの実写化が流行りのようです。
新造人間キャシャーンデビルマンと来て今度は「鉄人28号」と来ましたか。前の2作ともあまり評判はよくないみたいで。特にデビルマンは不評のようで2ちゃんねる等でも叩かれまくってるそうです(情報元…やわらかミサイル)。私自身は観ていないので何とも言えませんが。
tetsu
で、「鉄人28号」。
懐かしいですね。「♪ビル〜の街〜にガオ〜、夜〜のハイウェイ〜にガオ〜」。白黒やったです、まだ。リアルでみたわけではないですが、確か当時も実写版があったような記憶が。人間と同じ大きさの貧乏クサい鉄人28号。近所の公園に紙芝居屋のおっさんがやってきて、「鉄人」やってました。でもなぜか「鉄人36号」。「なんやねん、36号て!」と子供心につっこんだ記憶も。
話しがそれました。
どのあたりをターゲットにしてるんでしょうね。音楽も昔のまんまのようだし、私らみたいなノスタルジー世代?公式サイトのおまけコーナーで鉄人マスクがダウンロードできるんですが、「切り抜いて遊ぼう!」なんて書いてあるところを見ると、やはり低年齢層?。ある意味目の肥えたいまの子供たちが、この昔のまんまのロボットに魅力を感じるかどうか…。鼻長いし。
「鉄」+「勇気」。がテーマのようですが、そりゃこんなでっかいロボットを子供が手に入れようもんなら勇気どころやないですよねぇ。悪さしまくりの壊しまくり。
「鉄人」部分はもちろんCG映像なんですが、trailer見た限りではなんだかしょぼい!オモチャっぽいというか、いかにもCGでござい、みたいな。PS2版とたいして変われへんがな、っちゅうか。
ちょっと微妙というか、コケるような予感。でもちょっと見てみたい。DVDがでたら借りてみようかな。

切り抜いて遊んでみました。
mask
「鉄人28号」に続いて、来年はなんと「ゲゲゲの鬼太郎」実写版とか!えらいこっちゃ。やるなー、松竹。
そういえば「忍者ハットリくん」もありましたね。ニンニン。
「鉄人28号」公式サイト

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top