::: oyazi_blog :::

【Macもの】レトロプレイヤー

レトロプレイヤー先日、家にあるレコードをCD化してやろうと、レコードプレイヤーの電源を久々に入れてみました。でっかいジャケットからビニールに入ったレコード盤を、指紋が付かないように丁寧に取り出して。クリーナーでホコリを取って、そーっとターンテーブルに乗せて。いいね、儀式みたいな感じで。音楽聞く前の。めんどくさいけど。
結局は針がダメになってるのか、音が割れてしまってアカンかったです。
レコード針なんて今どき売ってるんやろうか?針なんて替えたことないな、そういえば。プチプチいったり針が飛んだり、当時レコードから録音なんてしてるとドキドキしましたね。うわぁ、でっかい「プチ」がっ!もっかいやり直しや〜、なんて。

そんな時代の雰囲気をMac上に再現してくれるのがこのレトロプレイヤーです。

プレイヤー画面AIFF、WAVE、MP3、AAC、MPEG、MooVといったファイルの再生ができます。レコード特有のスクラッチノイズが入ったり、回転ムラで音程が揺れたり。おまけに針飛びも!再生が終わっても、停止を押さないといつまでもプチプチいいながら回ってます。
むか〜しのレコードプレイヤーってこんなんでしたよね。
実用的でもないし、常時使用するようなものではないけれど、遊び心があっていいですね。好きやなぁ、こういうの。
ノイズの音量やら、音程の揺れ具合、針飛びの頻度など自由に調整できますので、お好みの塩梅でノスタルジックなひとときを!

Macユーザーの方はこちらから。
STUDIO-蔵

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top